トップ

忘年会の挨拶の決まり

忘年会の開宴時の挨拶

開宴時のスピーチについて

初めて任される忘年会の幹事って、とても緊張しますよね。少しのミスが大きなミスにつながって、上司からの評価にも繋がるとなれば、ミスは許されない!そんな風に意気込んで、悩んでしまいがちですよね。

まず大切なのは宴会の場所しての挨拶もしなくてはいけません。忘年会の開宴の挨拶は、頭が真っ白になってしまうのではないか、声が震えてしまうのではないかなど考えてしまい緊張も増してしまうのではないでしょうか。

基本的に忘年会の進行役も幹事が司会者として行うことになります。そのため、いろいろ段取りが必要となってきます。

まずは、幹事としての自己紹介の挨拶。
例えば、こんな感じで進めてみてはいかがでしょうか。

「皆さま!今年もお疲れ様でした!毎年恒例の、忘年会を始めたいと思います。本日の司会進行を勤めるのは、わたくし、○○です。料理や飲み物など、ご要望があれば、気軽におっしゃってくださいね。」

こういう風に、気楽に始めていくことで、社員一同も打ち解けて気楽な気持ちで忘年会に参加できます。時折ジョークを交えるのも良いですね。

ところで、自分自身のスピーチだけでなく、上司に挨拶をお願いするという場合もあり得ますよね。その場合、挨拶の順番がとても大切になります。事前に頼んでおく必要があるので、誰にお願いすればいいのか理解して、しっかりと準備しておくといいでしょう。

まず開宴の挨拶で一番最初にお願いすべきは、当日の参加者の中で、一番高い役職についている上司です。
たとえば、代表取締役であったり、役員の方であったり。その方の役職や立場をしっかりと考慮していきましょう。

そしてもし、乾杯の音頭も上司に頼むという際には三番目に役職の高い人にお願いします。
締めの挨拶には、二番目に役職の高い人にお願いすることが基本となっています。

また、同じ役職の方が複数人いる場合にはどのようにすればいいのでしょうか。
このような特殊な場合には年齢が上の方に頼むのがベターかもしれません。同年代だという場合は判断がなかなか難しいので、上司へ確認を取ることが重要です。

挨拶の進行をしていく時に注意したいことが、挨拶をお願いした方の名前をきちんと紹介して挨拶がしやすい流れを作り、挨拶が終わった後には「ありがとうございました」と感謝を述べてから進行に移ることです。
このように社内秩序を知って正しい対応ができることが、社会人としての評価にもつながっていきます。